設計資料

ヒーターの表面温度とワット密度の関係

ヒーターを選定するための参考資料

発 熱 体:シーズヒーターOD12mm×L660mm(発熱部510mm)シースパイプ材質SUS304 冷間抵抗R=9.2Ω

実験場所:日本ヒーター内実験室(室温20℃・無風・湿度41.6%RH)

実験条件:発熱体中央上部にOD0.65mm K(CA)センサーを溶接し、耐熱レンガ上110mmで水平に設置した。

  • スライド変圧器にて電源電圧を調整し、ワット密度を3~8W/cm2まで変化させた。
    (電力P[W]は電圧V[V]と冷間抵抗R[Ω]より P = V2 / R として換算。)
  • それぞれの電圧で、温度が安定した状態でデジカメMABICA-FD81により撮影した。

実験結果

ワット密度3.0W/cm2

①表面温度600℃

ワット密度3.5W/cm2

②表面温度640℃

ワット密度4.0W/cm2

③表面温度670℃

ワット密度4.5W/cm2

④表面温度690℃

ワット密度5.0W/cm2

⑤表面温度710℃

ワット密度5.5W/cm2

⑥表面温度730℃

ワット密度6.0W/cm2

⑦表面温度750℃

ワット密度6.5W/cm2

⑧表面温度770℃

ワット密度7.0W/cm2

⑨表面温度790℃

ワット密度7.5W/cm2

⑩表面温度820℃

ワット密度8.0W/cm2

⑪表面温度850℃

ワット密度8.5W/cm2

⑫表面温度880℃2分後に断線

資料について

  • 電気ヒーターの使用を検討している皆様の参考にと、関連する資料を用意しました。
  • 実際にヒーターを製造する上において、これらの資料(データ)がそのまま使えない場合があります。ヒーター設計の目安としてご利用ください。
  • 予告無く仕様を変更する場合があります。電気ヒーターをご購入の前に日本ヒーターに最新情報をお問い合わせください。