ヒーターエレメントの材質はどのように選定しますか

使用環境・条件により選定する材質は異なります。
 
注意点と大まかな一覧表「ヒーターエレメント(パイプ)の材質と用途」を下記に示します。

ヒーターエレメント(パイプ)の材質と用途

材 質名 称備 考気体加熱用液体加熱用金属加熱用
SUS304Stainless
Steel
18Cr,8Ni一般水、油一般
316L16Cr,12Ni,
2Mo,極低C
腐食性気体有機溶剤
インコロイ
800
Incoloy19~23Cr,
30~35Ni
1.5Mn,1Si
耐高温
ハステロイ
C22
Hastelloy67Ni,20Cr,
13Mo
耐酸
チタンTitaniumTi耐海水、王水
IronFe中温気体鋳鉄
CopperCu

注意点

ヒーターエレメント(パイプ)の材質は、用途に適した材質を選定してください。(当社標準は、SUS304、SUS316Lです。)

上表以外は純ニッケル、インコネルなども実績があります。シーズヒーター以外では石英ガラス、セラミックなどがあります。また、表面加工(メッキ、フッ素樹脂加工など)を付加することがあります。

ヒーターエレメント材質の選定にあたっては、通常次の点を考慮します。

  • 耐熱性
  • 強度
  • 耐食性
  • 熱伝導率、温度伝導率
  • 熱膨張特性(特に気体用や金属用)
  • 材料入手性
  • 加工性(曲げ特性、溶接特性など)
  • コスト

ヒーターの腐食は保証外

ヒーターを腐蝕性液体などの加熱にご使用になる場合、ヒーターパイプ(ヒーターシースおよび接液部)の材質、ワット密度の選択には注意が必要です。ご使用になる前にその環境条件において耐蝕性のある金属か、再度ご確認下さい。  
基本的に材質の選択は、お客様の判断においてなされるものとします。ただし、その選択に当たっては、日本ヒーターの経験・実績に基づいてご相談に応じます。  
例えば液体加熱用シーズヒーターの場合ご注文時に特にご指示がないとステンレス(SUS316L)を使用しますが、その材質を保証するものではありません。  
その他の材質のヒーターにおいても、腐蝕性被加熱物の加熱におけるヒーター腐蝕による不具合は、全ての製品で「保証外」となりますので、ご了承ください。