反射笠付石英ヒーター QIA型

反射笠付で素早く加熱する石英ヒーター

製品概要

QIA型ヒーター赤外線を照射し、加熱物との間にある空気を暖めずに直接対象物を素早く加熱・乾燥・焼付ができます。
また、反射笠により前方のみに照射することができます。
ヒーター表面にコーティングなどの処理はしていませんので、剥離(はくり)の心配も無く、食品関係にも安心して使用できます。

ページの先頭へ戻る
仕 様
  1. 照射部は不透明石英製です

  2. 標準でステンレス製反射笠つきです

  3. 取り付けは水平が原則です。

用 途
  1. 塗装・樹脂の焼付け、乾燥

  2. 開放された場所での暖房

  3. 塩ビ・アクリル等の予熱、軟化

  4. 食品の脱水・加工(調理)

  5. コンベアー等での移動物の加熱

種 類

表1 型番表

型 番
電 圧
相 数
電 力
全 長
mm
照射長
mm
ヒーター外径
mm
QIA-205-33
200V
単相
0.5kW
450
330
OD15
QIA-205-43
550
430
QIA-205-53
650
530
QIA-205-63
750
630
QIA-210-33
200V
単相
1.0kW
450
330
OD15
QIA-210-43
550
430
QIA-210-53
650
530
QIA-210-63
750
630
QIA-215-53
200V
単相
1.5kW
650
530
OD15
QIA-215-63
750
630
QIA-215-73
850
730
QIA-215-83
950
830
型 番
電 圧
相 数
電 力
全 長
mm
照射長
mm
ヒーター外径
mm
QIA型ヒーター
図1 QIA型ヒーター 外形寸法
ページの先頭へ戻る
特注品
  1. 特殊電圧、電力、寸法も製作可能です。

  2. 反射笠不要の場合はヒーターのみでもOKです。

  3. 縦置きヒーターは構造上特注品となります。標準品は横置き(水平取付)です。

取付例
図2 設置例

 

  • 本図はイメージです。

  • 実際の使用においては、使用状況に応じたヒーター電力、距離などの設置条件・設置方法などの加熱条件のほかにも十分な安全性を考慮する必要があります。

  • 使用方法の詳細については、日本ヒーターにお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る
型番説明
反射笠付石英ヒーター QIA型
注 意
  1. このヒーターは特に衝撃に弱いので取扱いに注意してください。

  2. 防水構造ではないので端子部に湿気、水のかからないようにして下さい。

  3. ヒーター通電中は高温なので手が触れると危険です。

  4. 万一、ヒーターに強度な力が加わり損傷した場合は速かに電源を切り、使用を中止して下さい。

  5. 空気加熱ヒーター取扱上の注意をお読みください。

 


カタログPDFダウンロード

当該製品のカタログが下記よりダウンロードできます。


お問い合わせ 必須印は必須項目です。

お急ぎの場合は、必ずお電話(03-3790-3111)にてご確認ください。

御社名
所属部署
ご担当者様名
ご住所 郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
お問い合わせ内容