マイクロヒーター MC型

金属表面に巻き付け、間接加熱するためのヒーター

説 明
  1. フレキシブルでコンパクト!施工工事が簡単です。

  2. 曲げ加工が容易で複雑な場所にも取付け可能。

  3. ヒーターの温度上昇速度が早く、熱効率が高い。

MC型 シース細管型ヒーター
ページの先頭へ戻る
用 途
  • 配管ラインやバルブの保温・加熱・霜取り

  • タンク表面からの間接加熱・保温

  • 金属プレートに挟み込み熱板として・その他長尺物等の加熱

MC型
写真1 端子形状によるヒーターの巻き付け例
取 付
  1. 重ねて巻き付けないようご注意ください。

  2. 最小曲げ半径:シース外径の3倍以上

  3. 取付部(加熱物)とヒーターエレメントの間に隙間ができないよう、しっかりと巻き付けてください。

MC型 配管への巻き付け方
図1 端子形状によるヒーターの巻き付け方
ページの先頭へ戻る
構 造
極細のシーズヒーターです。
  1. ヒーターの発熱部は、金属細管(ステンレス製シースパイプ)中に高密度に圧縮した高純度の絶縁物(MgO)とともに発熱線(NiCr線)を特殊製法にて封入しています。

  2. リード線は、発熱管の両端(両端子型のMC1型)または片側(片端子型のMC2型)のスリーブ内で接続しています。

MC1型 断面図 MC2型 断面図
MC1型:両端子型
MC2型:片端子型
図2 構造(断面図)
仕 様
  1. ヒーター外径

    • MC1型:1.0~4.8mm

    • MC2型:1.6~4.8mm

  2. ヒーター長さ 標準品は1.7m~8.5m(その他の特注品は要打合せ)

  3. 電源電圧   AC100V、AC200V

  4. 使用温度   max摂氏500度(ヒーター表面)

種 類
表1 型 番 表
型 番
電 圧
V
端 子
電 力
W
シース外径
mm
ヒーター長
mm
MC1-101
100V
両側
150
1.0
2,300
MC1-103
300
1.6
3,000
MC1-106
600
2.3
4,000
MC1-110
1000
3.2
4,000
MC1-115
1500
4.8
4,300
MC1-203
200V
両側
300
1.0
4,700
MC1-206
600
1.6
6,000
MC1-212
1200
2.3
8,000
MC1-220
2000
3.2
8,300
MC1-230
3000
4.8
8,500
MC2-102
100V
片側
200
1.6
1,700
MC2-104
400
2.4
1,900
MC2-105
500
2.8
2,100
MC2-107
700
3.2
2,000
MC2-110
1000
4.0
2,250
MC2-115
1500
4.8
2,100
MC2-204
200V
片側
400
1.6
3,400
MC2-207
700
2.4
4,400
MC2-210
1000
2.8
4,200
MC2-215
1500
3.2
3,700
MC2-220
2000
4.0
4,500
MC2-230
3000
4.8
4,100
型 番
電 圧
V
端 子
電 力
W
シース外径
mm
ヒーター長
mm
表2 耐電圧表
型 番
シース外径(OD)
OD1.0
OD1.6
OD2.3/2.4
OD2.8
OD3.2
OD4.0
OD4.8
MC1型
500V
600V
700V
800V
1000V
MC2型
500V
600V
700V
700V
800V
900V
型番説明
マイクロヒーター MC型
ページの先頭へ戻る
ターミナル形状例

ターミナル(電源端子部)形状は、リード線・ネジ・防水型など各種取りそろえています。ただし、ターミナルの耐熱温度は形状により異なりますのでご注意ください。

ターミナル(スリーブ)が耐熱温度を超えないように施工してください。

表3 ターミナル形状一覧表
1.単線出し型(標準型):ターミナル耐熱温度100度C
MC1型 MC2型
MC1型:両端子型
MC2型:片端子型
2.端子型:ターミナル耐熱温度100度C
MC1型 MC2型
MC1型:両端子型
MC2型:片端子型
3.リード出し型(シリコン固定):ターミナル耐熱温度100度C
MC1型 MC2型
MC1型:両端子型
MC2型:片端子型
4.リード出し型(エポキシ固定):ターミナル耐熱温度100度C
MC1型 MC2型
MC1型:両端子型
MC2型:片端子型
5.防水型:ターミナル耐熱温度100度C
MC1型 MC2型
MC1型:両端子型
MC2型:片端子型
注意
  1. 最小曲げ半径(シース外径の3倍)以下に曲げないでください。

  2. 配管に巻き付けるとき、重ねて巻き付けないようにしてください。

  3. 被加熱物(配管)とヒーターの間に隙間ができないよう、しっかりと巻き付けてください。

  4. ターミナル(スリーブ)が耐熱温度を超えないように施工してください。(詳細はお問い合わせください)

  5. 金属加熱ヒーター取扱上の注意をお読みください。

 


カタログPDFダウンロード

当該製品のカタログが下記よりダウンロードできます。


お問い合わせ 必須印は必須項目です。

お急ぎの場合は、必ずお電話(03-3790-3111)にてご確認ください。

御社名
所属部署
ご担当者様名
ご住所 郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
お問い合わせ内容