シリコーンラバーヒーター RSP型

複雑な形状の容器などの保温や加熱に簡単に取り付けられるヒーター 設計製作品

説明
シリコーンラバーヒーターは柔軟・軽量で、他の有機ゴムに比べて耐熱性・耐寒性に優れています。
  • 金属ヒーターに代わる柔軟性のある薄型の面状発熱体です。

  • 曲面や円筒などにフィットさせることができますので熱伝導がよく高効率です。

  • さまざまな形状に製作できます。製作例を参照ください。
シリコーンラバーヒーター RSP型
ページの先頭へ戻る
用 途
球状や円筒形、複雑な形状、突起物がある容器などの保温や加熱
仕 様
  1. 耐熱温度:連続使用温度-30~200℃
    • これ以上の温度が必要な場合、HTタイプとなります。
    • HT耐熱温度:連続使用温度-30~260℃
  2. ワット密度:最大1.5W/cm2

  3. 寸  法:
    • 最大幅 450mm×長さ3000mm
    • 最小幅 25mm×長さ50mm
    • 厚さ
      • ヒーター部はt1.5mm
      • リード出し部分はt4~6mm(モールド部分最小20×20mm必要)
    • 最小曲げ半径 R=25mm
      • これ以下で曲げる必要がある場合、内部発熱線が直角部に当たらないようパターンを考慮するなど、詳細な打ち合わせが必要となります。

    • 非発熱部 端部から最小5mm
  4. 材  質:ガラス繊維入りシリコーンゴムの間に発熱体を挟んでいます。
  5. 電  源:単相100V・200V(その他の電源も製作できます。お問合わせください。)
  6. 許容電流:15A
取付方法
ヒーターの取付には両面テープとシリコーン接着剤をご用意しています。使用温度により以下のように使い分けます。

注意:両面テープとシリコーン接着剤は別売品(特注品)となります。

  • 使用温度が150℃以下なら両面テープ

    但し、雰囲気、経年変化などを考慮し、できる限り接着することをお薦めします。

  • 使用温度が200℃以下ならシリコーン接着剤

  • その他に、バンドや金具、スプリングを使って取り付ける方法もあります。使用状況により最適な方法をご提案しますので、別途お問い合わせください。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る
特注品
  1. 両面テープ:使用温度150℃以内ならヒーターの取付側表面に取り付けて出荷します。

    (両面テープは添付のみとし、両面テープの加工・施工はお客様にて、とすることも可能です。
    しかし、ヒーターにはプライマー処理を施すため、両面テープを貼り付けた状態での出荷をお薦めします。)

    但し、雰囲気、経年変化などを考慮し、できる限り接着することをお薦めします。

  2. シリコーン接着剤:200℃以内の使用温度の時に使用します。

    100gと330gチューブがあります。330gチューブは押し出し器(ガン)が必要となります。ヒーターの面積、枚数にあわせてご提案します。

    目安として、100×100mmの面積に10g塗布します。気泡がなくなるようローラーなどでならして接着性を高めて下さい。
    接着後はみ出した接着剤はふき取ります。

  3. 円筒形状   :取付は金属バンドやスプリングにて行います。(金具などはお客様手配とします。必要な場合、取り付けることもできますので、お問い合わせください。)
  4. その他の形状 :図面があればどんな形の物も製作できます。穴あけやリード線取り出し位置、センサー取付(ポケット)位置など、ご指定ください。被加熱物に合わせて設計いたします。

  5. 温度過昇防止 :

    • サーモスタット感温部や熱伝対・測温抵体シ―ス部をヒーター面に取り付け温度調節できます。(オプションでセンサーポケット付きとします。)

    • ヒーター表面に温度ヒューズやバイメタルルサーモの取り付けもできます。

  6. 温度コントロール:デジタル温度調節器・monoone-120Tに熱電対と電源を接続するだけで、簡単にコントロールすることもできます。(詳細については日本ヒーター営業部にお問い合わせ下さい。)

手配例

ヒーター設計に必要なパラメータ
例えば、四角形でセンサー取付用ポケットを設置する場合。

  1. ヒーターサイズ:A・B寸法

  2. リード線の長さ、取り出し位置

  3. 使用電源電圧

  4. ヒーター電力:W数(ワット密度[W/㎝2]に注意する)

  5. 使用温度

  6. 温度コントロールの有無 ── 被加熱物の種類による

  7. 温度過昇防止:設定箇所と位置 ── ヒーター表面に熱電対設置、温度コントローラーTIC付き。

  8. 取付方法:両面テープ(150℃以下)

など

シリコーンラバーヒーター センサーポケット付
図3 シリコーンラバーヒーターの手配
ページの先頭へ戻る
表面温度とワット密度
任意のワット密度における通電時間と表面温度
図4 空気中での表面温度
測定条件
  • シリコーンラバーヒーター単体を常温空気中にて表面温度測定

  • 使用環境、被加熱物の材質・形状により、ヒーター表面温度は変化します。

  • 詳細については、お問い合わせください。

ヒーター選定の目安
  • 電力(ワット)密度が0.5W/㎝2~0.8W/㎝2において耐熱温度に近い使用温度となり、シリコーンラバーヒーターの性能を十分発揮する最適な範囲といえます(図4 空気中での表面温度 参照)。

  • しかし、ヒーターの取り付け状態や温度制御方法によって、シリコーンラバーヒーターの表面温度は異なります。詳細は別途お問い合わせください。

ページの先頭へ戻る
製作例

※画像をクリックすると拡大します

熱電対付 仕様 100V162W
熱電対付
monoone-120Tに接続して使用できます。
温度ヒューズ付 仕様 100V90W
温度ヒューズ付
センサーポケットに温度ヒューズを通し、ヒーター表面が設定温度に達すると断線する構造です。
バイメタルサーモ付 仕様 100V200W
バイメタルサーモ付
3相用 仕様 200V3相2kW
3相用
穴あき 仕様 穴加工あり
切欠き 仕様 DC24V25W
切欠きあり
半月型 仕様 220V150W
半月形状
スプリング・フック付 仕様 200V500W
スプリング・フック付
保温付 仕様 保温カバー付
保温カバー付 仕様 保温カバー付
高温用 仕様 高温用
額縁型 仕様 24V8.5W
 額縁型
切欠き 仕様 切欠きあり
配管用 用途 配管加熱用
ボックス用 用途 ボックス加熱
注意
  1. ヒーターエレメントとしては耐熱温度-60度C~250度Cの電気絶縁性を持っていますが、自己温度制御機能はありません。
    耐熱温度に近い使用温度や、高いワット密度でヒーターを使う場合、サーモスタット等(温度調節器)でヒーター表面の温度コントロールを行って下さい。

  2. 防水構造ではありません。シリコーンラバーヒーターは水中又は液中に直接入れないで下さい。

  3. 通電中はヒーター面に絶対にさわらないで下さい。火傷することがあります。

  4. リード線は無理に引っぱらないで下さい。リード線取り出し部やリード線が断線します。

  5. ヒーター取り付けにおいて断熱材を使用すると放熱は防げますが、場合によってはヒーター表面温度が上昇し過熱することがあります。
    使用温度が高く断熱材で保温する場合、ヒーター保護および安全のため、温度過昇防止用のセンサーを設置し、温度調節器で温度コントロールするようにして下さい。

  6. 金属加熱ヒーター取扱上の注意をお読みください。

 


カタログPDFダウンロード

当該製品のカタログが下記よりダウンロードできます。


お問い合わせ 必須印は必須項目です。

お急ぎの場合は、必ずお電話(03-3790-3111)にてご確認ください。

御社名
所属部署
ご担当者様名
ご住所 郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
お問い合わせ内容