高温度用バイメタル式サーモスタット T1HC型

設定温度200~400度Cの高温度用 自動温度調節器(設定温度固定型)

特 長
作動温度固定のバイメタル式温度調節器です。

応答性の高いシンプルな機構により、保守点検の頻度が減って経済的です。

設定温度200~400度Cの高温度用 自動温度調節器(設定温度固定型)

B接点の自動復帰型です。

B接点:常時ONで、作動温度になると接点が開きます(OFFになります)。
高温度用バイメタル式サーモスタット T1HC型
ページの先頭へ戻る
用 途
加熱を目的とする一般産業用機器、工業用品の安全装置。
    注意:
  • ただし、温度過昇防止装置のリセットスイッチなど、安全確認後手動で再起動させる必要がある場合は、手動復帰型の機構・スイッチ(手動復帰型接点 T1HP型)をご使用ください。

  • このような場合に装置が故障したまま自動復帰すると、火災などの事故になる可能性があり、大変危険です。

仕 様
  1. 設定温度:下記温度範囲内の指定値で固定

    • 高温用:200~299±15度C デファレンシャル10~30度C

    • 超高温用:300~400±35度C デファレンシャル10~35度C

  2. 開閉電源電圧  :100/200V共用

  3. 定格電流

    • 高温用:10A(100V)/5A(200V)

    • 超高温用:6A(100V)/3A(200V)

  4. 作動方式   :バイメタル式 自己復帰型

  5. 接点   :B接点(作動温度で接点が開く)

ページの先頭へ戻る
種 類
表1 型 番 表
型 番
設定可能温度(固定)
デファレンシャル
T1HC-401L
200~299℃±15℃
10~30℃
T1HC-401H
300~400℃±15℃
10~35℃

★設定温度は固定です。上記温度範囲内でご指定ください。

高温度用バイメタル式サーモスタット T1HC型
図1 高温度用バイメタル式サーモスタット T1HC型
注意
  1. 爆発性の雰囲気内では使用できません。接点のスパークで発火・爆発する危険があります。

  2. バイメタル式接点はシンプルな板バネ機構を採用しています。衝撃を加えたり、機構の改造(温度設定用調整ねじの設定を変えるなど)をすることはしないでください。動作不良・誤作動の原因になります。

  3. ゴミやほこりの多い場所では使用できません。接点の接触不良の原因になります。

  4. 振動や衝撃の加わる場所では使用できません。

  5. 負荷電流は、定格電流内でご使用ください。

  6. 配線は、ニッケル線などの耐熱線をご利用ください。

  7. 端子用ビスは付属しておりません。


カタログPDFダウンロード

当該製品のカタログが下記よりダウンロードできます。


お問い合わせ 必須印は必須項目です。

お急ぎの場合は、必ずお電話(03-3790-3111)にてご確認ください。

御社名
所属部署
ご担当者様名
ご住所 郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
お問い合わせ内容