ボルトヒーター(特殊カートリッジヒーター) CTB型

ボルトを加熱し増締めするためのヒーター

製品概要
CTB型 ボルトヒーター(特殊カートリッジヒーター)タイプI
ボルトを急速に加熱する高いワット密度のヒーターです。
種類
  • ボルトヒーター(特殊カートリッジヒーター) タイプI(フランジ)

  • ボルトヒーター(特殊カートリッジヒーター) タイプII(ナット)

特注品にも対応できます。
ページの先頭へ戻る
用 途

金属部品をボルトで取り付ける場合、金属間のスキ間やもれを激減させることができます。

高圧タービンなどで緩み止めのため、大型のボルトに使われます。

使用方法

ボルトヒーターの使い方

  • ボルトにヒーター用の穴を開けておき、ヒーターを差し込みます。

  • ボルトを締め付けるとき、ヒーターに通電し熱膨張(軸方向に伸長)させておいてボルトを締め込みます。

  • ヒーターの通電を切るとボルトが冷えることにより、ボルトが軸方向に収縮して金属間のスキ間やもれを激減させます。

ページの先頭へ戻る
種 類:タイプI

表1 タイプI 型番表

型 番
電 圧
電 力
ヒーター長さL
mm
ヒーター外径
mm
ワット密度
W/cm2
CTB1-103
100V
300
120
12
10
CTB1-105
500
170
12
10
CTB1-108
800
250
12
10
CTB1-110
1000
210
16
12
CTB1-112
1200
240
16
12
CTB1-115
1500
290
16
12
CTB1-205
200V
500
170
12
10
CTB1-208
800
250
12
10
CTB1-210
1000
210
16
12
CTB1-212
1200
240
16
12
CTB1-215
1500
290
16
12
CTB1-218
1800
340
16
12
CTB1-220
2000
380
16
12
CTB1-223
2300
310
23
12
CTB1-225
2500
330
23
12
種 類:タイプI寸法

CTB型ボルトヒーター(特殊カートリッジヒーター) タイプI

ページの先頭へ戻る
種 類:タイプII

表2 タイプII 型番表

CTB2-103
100V
300
120
12
10
CTB2-105
500
170
12
10
CTB2-108
800
250
12
10
CTB2-110
1000
210
16
12
CTB2-112
1200
240
16
12
CTB2-115
1500
290
16
12
CTB2-205
200V
500
170
12
10
CTB2-208
800
250
12
10
CTB2-210
1000
210
16
12
CTB2-212
1200
240
16
12
CTB2-215
1500
290
16
12
CTB2-218
1800
340
16
12
CTB2-220
2000
380
16
12
CTB2-223
2300
310
23
12
CTB2-225
2500
330
23
12
型 番
電 圧
電 力
ヒーター長さL
mm
ヒーター外径
mm
ワット密度
W/cm2
種 類:タイプII寸法

CTB型ボルトヒーター(特殊カートリッジヒーター) タイプII

ページの先頭へ戻る
型番説明
ボルトヒーター(特殊カートリッジヒーター) CTB型
特注品
上記型番表以外の物も製作致します。お問い合わせください。
  1. ヒーター外径(但し外径10~30の範囲)

  2. ヒーター長さLや非発熱部Ln・有効発熱部Leなどの変更等

  3. 電圧・電力をご指定下さい。但し、ワット密度[W/cm]に注意して下さい。
    詳細についてはお問い合わせください。

  4. ヒーターの取付方法(フランジ形状の特注など)

  5. リード線の長さの変更や、リード線にコネクタを付けるなど、電源接続部の指定

注 意
  1. 締め付けたい金属にヒーターの熱が伝わらないうちに増し締めを行って下さい。(ボルトのみを加熱する)

  2. ヒーター用の孔加工は正確に行って下さい。ヒーターと孔とのスキ間が大きいと熱の伝わりが悪くなり、ヒーターが断線する事があります。

    公差:ヒーター外径+0.05~+0.1で加工(詳細はお問い合わせください)

  3. ワット密度は12W/cm2以下として下さい。

  4. 必ず屋内で使用して下さい。

  5. 高ワット密度のため、長時間通電し続けるとヒーターが破損します。

  6. ボルト加熱以外の用途で使用しないで下さい。

  7. 金属加熱ヒーター取扱上の注意をお読みください。

 


カタログPDFダウンロード

当該製品のカタログが下記よりダウンロードできます。


お問い合わせ 必須印は必須項目です。

お急ぎの場合は、必ずお電話(03-3790-3111)にてご確認ください。

御社名
所属部署
ご担当者様名
ご住所 郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
お問い合わせ内容