フレキシブルシーズヒーター UHF6.5型 ホットフレックス

ドイツ・ホットセット社製:ホットフレックス 手で曲げられる!!フレキシブル・シーズヒーター

製品概要
HotSet
これは便利! ヒーターの革命!新製品 ヒーター外径:OD6.5mm
ホットフレックス UHF型 独ホットセット社製 フレキシブルシーズヒーター
  • ドイツ・ホットセット社はプラスチック成形業界で使用されるヒーターに特に強いメーカーです。

  • 金型の溝に合せて曲げ、プラスチックハンマーで埋込めばOK!

  • シースパイプに可撓パイプを使用していますので、手で曲げることができます。3次元の任意形状に曲げることも可能です(最小曲げ半径R=6.5mm:曲げの内側。中心径でR=9.75mm)。

  • 柔軟で曲げ易いホットフレックスは、まっすぐな形状で保管、使用・交換時に手で曲げて装着することもでき、機能とともに保守性に優れたヒーターです。

  • ヒーターの長さにより全25種類を標準化しました(標準在庫品は15種類です)。ご希望のヒーター電力に応じて最適なホットフレックスをお選び下さい。

  • 電源電圧230V用です。これ以外の電圧は特注品です。(注1)

  • 従来の製品(外径:OD8.5mm)はこちらをご覧ください。
    フレキシブルシーズヒーター:UHF型(OD8.5mm)

  • ドイツホットセット社 ホットフレックスカタログ(和訳)をダウンロードできます。ホットフレックスの各種形状、使用例などをご紹介しています。
    ホットフレックス PDFファイル(899KB)

ホットフレックス UHF6.5型 独ホットセット社製 フレキシブルシーズヒーター

ページの先頭へ戻る
用 途
ホットランナーシステムのマニホールド加熱を目的に開発されたホットフレックスですが、従来のシーズヒーター同様あらゆる加熱システムに適用できます。
仕 様
  1. ヒーター外径:OD6.5±0.1

  2. ヒーター長さ:300~1500mm

  3. ヒーター長公差:±1.5%
  4. 電力 :350~2100W(電源電圧230Vにて)

  5. パイプ材質:DIN No.1.4541(SUS321相当)

  6. 最小曲げ半径:R6.5mm (ただし内側半径とする。中心半径では約R9.75mm。)

  7. 電源電圧 :最大250V(標準は230V)

  8. 絶縁耐力 :1000V AC 1分間 (ストレートの状態にて)

  9. 絶縁抵抗 :5MΩ(500V DCメガーにて)

  10. 表面温度 :最高700℃まで(ヒーターパイプ表面)

  11. 漏えい電流:0.5mA 253V AC以下(冷間時)

型番説明
フレキシブルシーズヒーター UHF6.5型
ページの先頭へ戻る
種 類

★は標準在庫品です。

表1 型番表

型 番
ヒーター長さ
a mm
電源電圧230V
での電力[W]
電源電圧200V
での電力[W](注1)
★UHF6.5-30
300
350
260
★UHF6.5-35
350
400
300
★UHF6.5-40
400
500
380
★UHF6.5-45
450
600
450
★UHF6.5-50
500
650
490
★UHF6.5-55
550
700
530
★UHF6.5-60
600
800
600
★UHF6.5-65
650
850
640
★UHF6.5-70
700
900
680
★UHF6.5-75
750
1000
760
★UHF6.5-80
800
1100
830
★UHF6.5-85
850
1200
910
★UHF6.5-90
900
1300
980
★UHF6.5-95
950
1350
1020
★UHF6.5-100
1000
1400
1060
UHF6.5-105
1050
1450
1100
UHF6.5-110
1100
1500
1130
UHF6.5-115
1150
1550
1170
UHF6.5-120
1200
1600
1210
UHF6.5-125
1250
1650
1250
UHF6.5-130
1300
1700
1290
UHF6.5-135
1350
1800
1360
UHF6.5-140
1400
1900
1440
UHF6.5-145
1450
2000
1510
UHF6.5-150
1500
2100
1590
型 番
ヒーター長さ
a mm
電源電圧230V
での電力[W]
電源電圧200V
での電力[W](注1)

ホットフレックス

図1 ホットフレックス各部寸法

  1. 電源端子:M2.5
  2. 絶縁セラミックス
  3. パイプ(可撓パイプ)
  1. ヒーター長
  2. 非発熱部
  3. 発熱部

※曲げの目安にヒーター中央部目印(ペイント)がついています。

曲げ可能範囲は、管端からストレート部をb+5=35mm以上取って下さい。
(管端からb+5mm以下で曲げると、端子ネジと発熱線の接合部で曲げることになり断線の原因となります。)

注1:参考データ
  • 参考値として200Vにおけるヒーター電力を掲載しました(下一桁は四捨五入)。

    電力Wは、電気抵抗Rが一定の場合

    • W=V2/R (電圧:V、電気抵抗:R)・・・(1)

    より、電圧の2乗に影響されます。200Vでは、標準の230Vに対し

    • (200/230)2=0.756・・・

    となることから、およそ25%ダウンしたヒーター電力[W]になります。

  • 日本での電源電圧は200V(あるいは100V)が一般的であることから、上記表1に電源電圧200Vで接続した場合をご紹介しました。(100Vでは約19%の電力しか得られませんので現実的ではありません。)

  • ドイツ製であるため標準(設計)値としては230V用ですが、異なる電圧でも特注品として製作できます。詳しくは別途お問い合わせください。

ページの先頭へ戻る
取付方法
  • 取付の動画を右記よりダウンロードできます。hotflex-movie.wmv(2.47MB)
  • 溝の形状は下記を参照ください。
  • ホットフレックス溝加工寸法

    図2 ホットフレックス溝加工寸法

  • ホットフレックスの中央部にはマークがあります。溝に入れる際には、中央部のマークから入れ始めて両端に向かって均等にプラスチックハンマー等鋭利でないもので挿入してください。
  • ヒーターが浮かないように溝の底までしっかり挿入してください。
  • 発熱部が金型の外に出ないようにヒーターの伸び(最大+2%)、公差(±1.5%)を考慮して設計してください。
  • ヒーターの曲げ回数によってヒーター長は伸びます。詳細計算は下記ページをダウンロードしてください。(エクセルファイル・英語) ホットフレックス伸び係数表
特注品
特注品のご注文の際は事前に仕様をお知らせください。

標準品では対応できないなど特注品が必要な場合は、以下のページをご参照ください。

なお、特注品は使用状況や組み合わせによって製作不可能な場合もあります。

フレキシブルシーズヒーター:特注品(オプション)のページ

注 意
  1. 空焼きしないでください。高温になり危険です。

  2. 液体用ヒーターではありません。液体中では使用しないで下さい。

  3. ホットフレックスの同じ場所を何度も曲げたり、伸ばしたりするとシースパイプが破損することがあります。

  4. 真空中では使用しないでください。

  5. 金属加熱ヒーター取扱上の注意をお読みください。

 


カタログPDFダウンロード

当該製品のカタログが下記よりダウンロードできます。


お問い合わせ 必須印は必須項目です。

お急ぎの場合は、必ずお電話(03-3790-3111)にてご確認ください。

御社名
所属部署
ご担当者様名
ご住所 郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
お問い合わせ内容