耐酸石英潜水ヒーター YDQ型

タンクを加工せずに酸性液等を加熱するヒーター

製品概要
タンクを加工せずに酸性液等を加熱するヒーター

電源コードに防水チューブをかぶせてあるので、コードごと液中に沈められます。タンクを加工せずにすぐ使用できます。

石英管を使用していますので金属イオンを嫌う薬液や金属では腐食する様な酸性液の加熱に適したヒーターです。

フッ化物、アルカリ性溶液は不可
ページの先頭へ戻る
仕 様
    1. 電源コードは標準で3.5m(ただし防水チューブは2m)、差込みプラグ付

    2. 連続使用温度は50度C以下でお使い下さい。

    3. 写真の保護管は特注品です。標準型は石英ヒーターに保護管が付いていません。

ヒーターを保護するため、特注品ですが保護管の使用を推奨します。

用 途
  1. 酸性化学薬品の加熱・保温

  2. 消毒液、写真現像液の加熱・保温

  3. 金属イオンを発生させたくない液体の加熱

種 類

表1 型番表

型 番
電圧
相数
電力
首下
mm
ヒーター外径
mm
プラグ
(明工社)
YDQ-10.5
100V
単相
0.5kW
250mm
OD21±2
OD48× 300
MP2506-N
YDQ-11
1.0
350
OD21±2
OD48× 400
MP2506-N
YDQ-12
2.0
600
OD33±3
OD60× 650
MP7026*
YDQ-20.5
200V
単相
0.5kW
350mm
OD21±2
OD48× 400
MP2561
YDQ-21
1.0
350
OD33±3
OD60× 400
MP2561
YDQ-22
2.0
600
OD33±3
OD60× 650
MP2561
YDQ-31
200V
3相
1.0kW
400mm
OD33±3
OD60× 450
MP2562
YDQ-32
2.0
600
OD33±3
OD60× 650
MP2562
YDQ-33
3.0
600
OD33±3
OD60× 650
MP2562
YDQ-34
4.0
900
OD33±3
OD60× 950
MP2562
YDQ-35
5.0
1000
OD33±3
OD60×1050
MP2562

*100V1.5kW以上の製品のプラグは家庭用コンセントには使用できません

図1 石英潜水ヒーター
図1 石英潜水ヒーター
ページの先頭へ戻る

特注品
  1. EPDM製の防水チューブも製作できます。標準の防水チューブはビニール製なので、薬液の種類・温度によっては使用できません。

  2. 電源コード(防水チューブ)で長いものが必要な場合はお問い合わせ下さい。

  3. 特殊電圧、電力、寸法も製作可能です。

  4. 石英ヒーターを保護するための保護管を用意していますので、液体の種類・温度を調べてお問い合わせ下さい。
    (ヒーターが浮いてしまう場合にはオモリ付もできます)

  5. アース付も製作いたします。

図2 塩ビ製石英保護管(特注品)
図2 塩ビ製石英保護管(特注品)
別売品
取付例(保護管付きの場合)
保護管付きの場合、水没させるだけです。

図3 耐酸石英潜水ヒーターの使用例

図3 耐酸石英潜水ヒーターの使用例

注意事項
  • 電源コードの長さは3.5mですが、防水チューブは2mです。

  • 防水チューブの範囲で水没するように注意して下さい。

  • 溶液の種類や使用状況によりヒーターが浮いてしまう場合にはオモリ付もできますので、ご相談下さい。

ページの先頭へ戻る
型番説明
耐酸石英潜水ヒーター YDQ型
注 意
  1. 防水チューブ端部および電源コード部は非防水部です。非防水部を液中に浸すと、液が内部に浸入しヒーターは故障します。絶対に非防水部を液中にいれないで下さい。また、防水チューブ端部は高湿度の雰囲気にさらさないで下さい。

  2. このヒーターは特に衝撃に弱いので取扱いに注意してください。

  3. 空焼きをしますと破損します。

  4. ヒーター通電中は高温なので手が触れると危険です。

  5. ヒーターの通電終了直後は液より引上げても余熱により高温度となっていますので冷めてから取り出して下さい。

  6. 万一、ヒーターに強度な力が加わり損傷した場合は速やかに電源を切り、使用を中止して下さい。

  7. 100V1.5kW以上の製品のプラグは家庭用コンセントには使用できません.
  8. 液体加熱ヒーター取扱上の注意をお読みください。

 


カタログPDFダウンロード

当該製品のカタログが下記よりダウンロードできます。


お問い合わせ 必須印は必須項目です。

お急ぎの場合は、必ずお電話(03-3790-3111)にてご確認ください。

御社名
所属部署
ご担当者様名
ご住所 郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
お問い合わせ内容