シェル型ヒーター SLS型

シェルに大型の板フランジヒーターを差し込んだ液体加熱用インラインヒーター

製品概要

液体加熱用インラインヒーター写真シェル(ケーシング=どんがら)に大型の板フランジヒーターを差し込んだ液体加熱用インラインヒーター
 
水・油等各種液体を連続的に加熱するヒーターです。
シェル(ケーシング)材質はSUS304、ヒーターエレメント材質SUS316L、O.D.12を使用し耐食性に優れたヒーターです。
温度過昇防止センサーも標準装備しています。
また、直接加熱ですので熱効率が良く、出口温度は、設計通りの温度を出せます。サーキュレーションヒーター、インラインヒーターと呼ばれることもあります。

流量や温度によっては小型のネジ込シェル型ヒーターや、配管インラインヒーターも適用可能です。参照ください。

設計製作品なので、使用状況が分かっている場合は、製品の問合せ
記入いただきweb経由で送信いただくか打ち合わせメモに必要事項を記入いただきFAX(03-3790-1711)送信ください。

用途

シェルヒーター斜視図純水加熱・電気ボイラー・温水加熱・浴槽加熱・油加熱・薬液加熱等 広範囲の用途をもつヒーターです。

ページの先頭へ戻る
仕様
  1. 標準仕様は屋内仕様です。
    屋外に設置する場合、屋外仕様(特注品)になります。
    シェッド(:電源ターミナルカバーの覆い)を取付ける、保温材を取り付けるなどの処置が必要です。
    詳細は別途お問い合わせください。

  2. 電 源:3相・200V

  3. ワット密度:4W/㎝2

  4. 温 度:IN側が100度Cを超える時は高温タイプ(特注品)となります。

  5. 圧 力:0.1MPa・G以下

  6. 制 御:温度過昇防止センサー付

  7. 材 質:ヒーターはSUS316L、シェル(ケーシング)はSUS304

  8. アース:ターミナルBOX内にあります。必ず接続して下さい。

  9. フランジ:JIS 5K

型番説明
シェル型ヒーター SLS型
図面

図1 液体加熱シェル型ヒーター

図1 液体加熱シェル型ヒーター

ページの先頭へ戻る
種類

表1 型番表

型 番
電圧
相数
電力

mm
L1
mm
H
mm
F1
呼び
F2
呼び
本数*1
SLS-38
200V
3相
8kW
600
430
400
100A
50A
6
SLS-320
20
800
600
500
150A
65A
12
SLS-335
35
1200
1000
500
150A
65A
12
SLS-340
40
1000
750
550
200A
80A
18
SLS-360
60
1400
1150
550
200A
80A
18
SLS-370
70
1300
1000
600
250A
100A
24

※1 ヒーターエレメントの構成本数を示します。

流量・温度・容量関係図

図2 流量・温度・容量関係図

図2 流量・温度・容量関係図

特注品

1)シェル型ヒーター選択について

  1. 屋内・屋外・電源・電力・加熱物・流量(L/h:リットル/時間)・温度(摂氏)・圧力{MPa(㎏/cm2G)}等によりサイズ、材質を決めます。

  2. さらにコントロール用センサー・温度過昇防止用センサー並びに回路数を決め列置きに設けるなど打ち合わせして決定します。

2)シェル型ヒーター設計選択基準

  1. 設置場所:屋内・屋外(防水・防滴構造)

  2. 電圧:交流(通常100V~480V)

  3. 電力:W=1.16×比熱×比重×流量×上昇温度×余裕率

    例:水100L/h(標準状態)を摂氏0度から70度迄昇温

    W=
    1.16×1×1×100×70×1.25
     =
    10150W
     ≒
    10kW
  4. 加熱物:耐腐食性材質選定

  5. 流量:電力・圧損・シェル管内流速・圧力にて選定

  6. 温度:IN・OUT温度によりターミナルBOX・ヒーターエレメント・ケージング・保温材選定

  7. 圧力:水頭圧10m(0.1MPa・G)超はボイラー構造規格となります(小型ボイラー適用範囲を除く)。
    詳細は次項「温水ボイラー適用区分」参照

  8. 温度コントロールセンサー:出口温度のコントロール用センサー選定

  9. 温度過昇防止センサー:ヒーターエレメントの温度過昇防止用センサー選定

  10. 端子台・結線材:電流値と周囲温度により選定

  11. 制御:サイリスタ制御・ON・OFF制御

ページの先頭へ戻る
温水ボイラー適用区分

水頭圧と伝熱面積(㎡)の2条件のうちどちらか一方だけが範囲をこえる場合でも、小型ボイラー、またはボイラーとなります。

図3 液体加熱シェル型ヒーター 温水ボイラー適用区分

図3 液体加熱シェル型ヒーター 温水ボイラー適用区分

表2 温水ボイラー適用区分

区 分
遵守・義務など
簡易ボイラー
構造規格
小型ボイラー
構造規格・個別検定・設置報告
小規模ボイラー
製造許可・製造・構造規格・設置・使用などの各段階での監督官庁などによる検査
ボイラー

ボイラー関係法令

  1. 労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)

  2. 労働安全衛生法施行令(昭和47年政令第318号)

  3. ボイラー及び圧力容器安全規則(昭和47年労働省令第33号)

  4. 労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)

  5. 機械等検定規則(昭和47年労働省令第45号)

などがあり、適用については 社団法人日本ボイラー協会にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る
特注品の形状例

シェル(ケーシング=どんがら)に大型の板フランジヒーターを差し込んだ液体加熱用ヒーター
基本的に受注生産品で、縦型やその他の形状、電力でも設計製作することが可能です。
縦型タイプより横型タイプの方が端子部に熱が加わらないため、より無難な設計となります。

特注品の形状例

製作例

※画像をクリックすると拡大します

水用4.5kW 仕様 400V3P45kW
用途 市水加熱用
水用標準BOX付 仕様 400V3P4kW
標準BOX付
用途 市水加熱用
高温油用、消防法法規 消防法
仕様 200V3P40kW
高温液体用
用途 潤滑油
210℃
縦型仕様 200V3P6kW
縦型
用途 軽油加熱用
2連式 仕様 2連式
シェル型ヒーター各種 仕様 200V3P6kW(左)
200V3P3kW(中央)
200V3P4kW(右)
用途 純水(左)・H2CO2(中央)・水(右)
注意
  1. 液体の無い状態で使用(空焼き)しますと過熱しヒーターは破損します。
  2. ヒーターエレメント表面にスケールが付くと表面からの放熱が悪くなり、ヒーターは破損します。
    ヒーターエレメント表面に付いた汚れは定期的に除去してください。
  3. IN、OUTの向きを間違えず接続して下さい。
  4. ポンプONでヒーターONのインターロック回路を設けてください。
  5. 温度過昇防止センサーはついていますが前段で温度調節センサーをつけて二重安全装置とすることをおすすめします。
  6. 標準で温度過昇防止センサーはついていますが、前段で温度調節センサーをつけて二重安全装置とすることをおすすめします。
  7. 温度過昇防止センサーにより温度調節計が一度働くと、自動復帰しない回路として下さい。(安全確認後、手動で復帰するようにすること)。
  8. 液体加熱ヒーター取扱上の注意をお読みください。

 


カタログPDFダウンロード

当該製品のカタログが下記よりダウンロードできます。


お問い合わせ 必須印は必須項目です。

お急ぎの場合は、必ずお電話(03-3790-3111)にてご確認ください。

御社名
所属部署
ご担当者様名
ご住所 郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
お問い合わせ内容